婦人

場所に応じて使用

色差計は、毎回規格の決まった色調の製品を確実に製造していることを確認するための機器として、各製造業で使用されています。最終製品検査だけではなく、各工程で携帯用の色差計で計測することができ、事故を未然に防ぐ役割も担っています。

色見本

数値で解決

食品の製造時に天然原料を使用している場合、色の違いが問題になることがあります。最終製品の色にも影響するため、早めに確認しておくことが重要です。その判定基準としては、客観的な判定が可能な色差計を使用することで、取引先とのやりとりをスムーズに行うことができます。

カラーチャート

特長を知って有効活用

製品製造をするにあたって、いつも同じようにしていても、稀に微妙な製品ができることがあります。そういったときに、予め色差計にて色に関する客観的基準を設定しておくことで、取引先との契約もスムーズに行うことができます。

男性

製品毎に規格決定

製品の色調規格を決めていく場合、製品によっては、色差計の示すΔE値を目安に決めることが一般的です。ただ、場合によっては、色を構成する各要素を色調規格にプラスしておくことで、より正確な色調判定をすることができます。

色見本

まずは使用

これまで感覚で判断していた製品の色に関する事項を、できるかぎり客観的な数値に基づいて判定したいときには、色差計を検討するとよいかもしれません。導入については、業者が一定期間の貸し出しサービスも行っているため、検討しやすくなっています。

客観的に判定

カラーチャート

見た目より説得力

人の記憶はあいまいなものであり、特に見た目について、比較して正確に判定することは難しいものです。そのため、以前の製品の色調と目の前の製品の色調が同じであるかどうか、といった判定は、その時の状況に左右されかねない、というのもよくあることです。そのため、いつでも製品の色調に関して客観的に判定を下すことができる検査機器である色差計を持っていることは重要なことなのです。普段から色差計で製品検査を行っておけば、目視では気が付かないような微妙な差を数値データとして示すことができます。色差計の計測データーを分析加工することで、パラメーターの推移状況も把握することができ、製造工程の異変にいち早く気づくことができる場合もあるのです。この色差計の機能は、入荷してきた原材料の検査に使用することができるだけではなく、工程検査、最終検査とあらゆるところで使用することができます。色差計のデータは、L値、a値、b値といった3つの数値で表され、これらの数値を計算することで求められるようになっています。そのため、一見基準サンプルと色差が同じであっても、違った色合いに見えることがあるのはこのためなのです。そこで、色差計の数値を見て行動する場合には、色差はもちろんのこと、各要素の数値も確認の上、総合的に判断することが重要です。この色差計はパソコンとの相性も良く、データを取り込み、グラフ化することも可能であり、汎用性に優れているところも魅力的です。

ゼロファクターの真実〜ヒゲは薄くなるのか?〜

ゼロファクターは口コミで肌に優しいと好評です。ヒゲ剃りの手間を少しでも軽減したいなら一度試してみましょう。