数値で解決

色見本

取引の際に重要

食品製造をする上で天然材料を使用している場合は、収穫された作物により製品の色調に影響される傾向にあります。そのため、製品に適合する原料を確保し、一定の色調の範囲内にあることを確認してから使用することが重要になります。この判断は、人間が見た目で判断していると、微妙な部分は難しく、正確さや効率の面でも確実性に欠けるのです。そこで、色の判断をする方法として使用されているのが色差計で、吸光度といわれる値を数値に換算することで、色を数字で表すことができるのです。対象物の表面に色差計の測定部を充て、スイッチを押すだけで瞬時に数値を得ることができるようになっています。色差計は、各色に対し、L値、a値、b値といった各要素で表された空間上の一点を与えることで数値化しており、色差はその点毎の距離を表しているのです。この機能を利用し、基準値との差を測定することで、使用できる原料であるかどうかの見極めをすることができるのです。この測定については、自社の受け入れ検査時に行うことができるのはもちろん、取引先に対して、色に関する規格値として要求することができます。そのため、いざ使おうとしたときに、現場から色違いの指摘が発生することを防ぐことができ、生産効率を下げる要因を取り除くことができるのです。そして、この色差計の判定は、人の判定よりも正確で客観性があることから、取引先からの納得も得やすく、スムーズな取引が可能になります。