場所に応じて使用

婦人

携帯用もあります

一般的に製造業を営んでいる場合、毎回同じ製品を出荷、納品することが求められ、そこにはその製品特性を決めることになる特性値が設置されています。この規格は、それぞれの製品毎に決められていますが、色に関しては、色差という数値が決められることが多くなっています。色差とは、文字通り、色の差を表しており、人の見た目に頼るのではなく、機械で測定した色を数値に換算しているものといえます。これは、光には吸光度というものがあり、照らした光と反射した光では差が出ることを利用して、吸収された光の量を把握することによって判定しているのです。これを自動的にスイッチ一つで計測しているのが色差計で、基準数値との差異を測ることができるようになっています。色差計には、一般的には検査を行う検査室に設置されることが多く、より精度が高く、周辺機器としてデータを取り込むためのパソコンと接続されることも多くなっています。一方で、製品は工程で作り込むという考えのもと、使用前の原料の色調検査、あるいは中間製品の色調検査として、現場で使用できる携帯用の色差計も用いられています。この色差計で計測することにより、異常時にはできるだけ早い段階で不具合に気が付くことができ、リカバリーをスムーズに行うことができます。このように、色差計は最終製品検査だけではなく、途中の各要所でさまざまな活用法があり、各分野の製品づくりの場で色の面から製造を支えているといえます。