まずは使用

色見本

貸し出しの利用も可能

ビジネス上の取引をする時には、製品の規格を決めることになりますが、信用取引とはいえ、トラブルを防ぐためにはできる限り、明確な内容にしておくことが重要です。特に見た目については、大きさ、形状はもとより、色調についても客観的な数値にしておくことで、お互いの理解が深まるものです。その色調を数値で表す方法としては、対象物の色調を数値化することが可能な色差計を利用することができます。色差計は、それぞれの物体が持つ吸光度を利用して、照射した光の反射光を測定することで、対象物の色を数値で表すことができるのです。一般的には、L値、a値、b値という各要素で表すことができ、視覚的には3次元の空間上の点として認識することができるようになっています。現在取り扱っている製品の色調を表す方法として、色見本との比較をしているのであれば、予め数値化しておき基準値として設定することもできます。これまで、微妙な判定が必要になった場合は、各担当者では判断することができず、それなりの担当者が経験と勘を交えながら出荷判定しているという状態であれば、導入を検討する余地は十分にあります。この色差計を使用した経験がなく、導入した場合、自社製品に対して有効に機能するかどうかについて不安がある場合には、色差計を扱う業者に相談してみると、貸出しサービスを行っている場合もあり、一定期間のデータをとりながら検証することも可能になっています。